IMPと弓とブロント

MHF3鯖弓コレクターによる効果音付の偏見な弓カタログブログ MHFG-1に対応

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

G級進化弓 

question_head_boy.png

はてさて実装されたのはいいものの、エンドコンテンツたる武器の強さは一体いかほどなのか
武器自体を売りにしている以上、その強さが指標となり、モチベーションとなります
あえて非公開(作ってみるまで分からない)にすることで、ワクワク感と人柱となるだけの不安を背負ってきましたが
課金武器のほうもしっかりとG級化対応しており、こちらでネタバレされるに至りました


20160412002.png
相当に強い

秘伝書補正ありきのゲーム画面と比べるとショボく見えがちですが、実際は非常に強力であり
現在最大の攻撃力を誇る崩壊と滅尽の剛弓(攻撃力703)よりも遥かに高く
さらに溜め4専用であるそれと比べ、こちらは溜め3まで本気
属性値も今のG級にのっとった高水準で、専用の打撃ビンも強化されかなり強くなっています
この攻撃性能の差を一般装備で例えるなら、常に一匹狼あるいは巧撃が発動している程度の差があります
剛5不退であれば、さらに上乗せする勢いになります

20160412003.png
しかしどれを強化しよう?

弓の場合、3種の矢種に違いに加え属性の考慮も入れだすと複数本欲しくなるのが当たり前の心境ですが
はじめから複数本作成を前提としてプレイするには社会的なランクを落とすか、
保護は出るがゲームには支障がない程度の重篤な被害を受ける、などを実践しなければ(比較的短期間で取得を考えた場合)時間が足りません
つまり、限られた1本であるが2本目を持つまでは取り回しのしやすい性能を選ぶ必要があります
基本的にはどれを作っても問題がないほど武器性能としては飛び抜けていますが
ここでは個人的は観点から厳選してみます


question_head_girl.png
まず何があるの?

基本的な違いは連射・貫通・拡散の3種と、G級前と基本的な判別には違いがありません
しかし、それはあくまで溜め3に限ったときの話であり(当時は溜め4補正がなかっため、考慮する必要が皆無だった)
装填数UPを発動させた状態である場合、さらに別の顔を覗かせることになります
さらにG級では玲瓏という、溜め4特化型の無属性化、会心率が高いなどの特徴がある派生も追加されます

燦然:連射/拡散
絢爛:貫通/連射
煌然:拡散/貫通(BP進化はなし)
玲瓏:連射(Lv1)/拡散(Lv4)(G級進化のニューフェイス 無属性と会心率が売りの溜め4特化型

装填数UP(あるいは装着、緩射)は溜め3より30%高い180%の補正で攻撃することができます
ただし実質的なDPSは溜め3と大差がないため、溜め3を打ち続けられるならあってもなくても同様ですが
逆に言えば攻撃に時間をとられる相手であったり、これからくるであろう消費特攻に対してのメタとしては十分に機能し
実質扱える矢のタイプが増えるということになります
しかし、そこで溜め過ぎによる矢種の変化による弊害が発生します

燦然:大正義連射弓。どの相手でも安定した戦闘が出来る反面、溜め4の拡散を活かすには連射矢の距離よりさらに近づくことになり、クリ距離の共有がやや難であるため、使い分ける場合においては攻撃直前にどちらかが有効かの判断が必要になりそう

絢爛:貫通は攻撃力こそトップですが、PTという環境下ではターゲットの向きやサイズによってはヒット数が激減、あるいは有効な肉質でないところを強引に通す必要性が生じ、攻撃力のムラが激しく、特に基本サイズが小さいモンスターには攻撃性能が激減しますが、溜め4の連射はそれを完全にカバーすることができ、さらにクリ距離の共有もしやすいため、溜め3と4の使い分けが最もしやすそう

煌然:至近距離の爆発力が凄まじい拡散弓ですが、溜め4は真逆である貫通
モンスターによっては溜め4になっても拡散の攻撃範囲でも有効ですが、基本的に離れなければならず使い勝手に疑問が残る
拡散でいくか、貫通でいくかで事前に装填数UPの有無を決めた方が良さそう
上記2種とは違い、打撃ビンを利用しても気絶をほぼ狙えないため、打撃ビンのポテンシャルも完全には引き出せない
また、どちらの矢種も相手に一定以上のサイズが求められます

玲瓏:閃転の発動を前提とした溜め4特化の拡散弓であり、無属弓強化シジルを活用できる点もポイントな反面
基本攻撃力は上記3種と同等なため、普通の装備に閃転を搭載したとしても倍率的に+50の差
さらに装填数UPの発動を前提としておきながら、スキル枠を考えると実質不退専用の弓であり
常に不退での戦闘を想定していれば別ですが、一部モンスターは絶対防御等でノーミス重点の狩猟の方が(個人的に)素材集めでは有効なため
G級における拡散弓の面倒臭さも相まって、玄人向けと言えそう



medical_careboushi_happy.png
現環境だと絢爛がよさそう!

一時期の滅尽弓推し、改トラグ・コールの使い勝手などを体感すると、絢爛派生が最も魅力的に見えます
もちろん不退玲瓏無属シジルの破壊力も魅力的ですが、2本目以降に回し
数あるうちの1つの選択肢として保留

また、最近は扇射や始種防具効果など、クリティカル距離時の補正に関する強化や
バランス調整時における連射矢の一回り高い強化(相対的な他矢種の弱体化)など、連射矢の立場がウナギ・ライジングです
もちろん最終的に大蛇ノ弓は4種ともすべて揃えるつもりですが、しばらくは絢爛派生を予定しています

dfsgfdsgfds.png

ただし、まだ10分の1にも達していませんが

スポンサーサイト

category: 雑記

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://imprlist.blog68.fc2.com/tb.php/853-32bc6210
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まごの手

中の人

弓一覧

剛種弓一覧

進化弓一覧

G級弓カタログ

SP弓一覧

特典/イベント弓一覧

Link

カテゴリ

最新コメント

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。