IMPと弓とブロント

MHF3鯖弓コレクターによる効果音付の偏見な弓カタログブログ MHFG-1に対応

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

忍殺アニメ その1 感想とか 

軽く炎上するレベルのあまりにひどい開始をしてしまったニンジャスレイヤーフロムアニメイシヨン
中の人も原作小説(翻訳版)やコミカライズを全部揃えてフィギュアを買うぐらいにドップリだったわけですが
アニメ版を期待して視聴した結果
なんだこれ・・・無軌道大学生の卒業作品かな?
という感想は隠せないぐらいの衝撃

でも忘れかけたブログ更新のいいネタだし、だいたい視聴の翌日は休日で暇なので
割と真面目に考察とレビューでもしよう◆決断的に◆
三日坊主さえなければな

◆そもそもどこがひどかった?◆
アメコミ路線のOPからはじまり、本編がはじまると待っていたのはFLASHアニメのような茶番劇
サウスパー○よりも動かない切り抜き絵によるアニメ そもそもアニメと言えるのか
大多数の人間の評価の分かれ目はおそらくここ。かくいう自分も目が点になった。
戦闘シーンは動いてみたらアメコミ調で個人的には悪くはないが、ここも人を選ぶところ
昔の神作画と呼ばれるアニメのそれと比べたら雲泥の差だしね マクロスプラスとか。

◆しかし意外なほどに原作通り◆
原作は小説版書籍1巻の最後にある ボーン・イン・レッド・ブラック
書籍限定のエピソードのため、詳細は引用できないけど
簡潔にいえばニンジャスレイヤー誕生の瞬間のエピソード

漫画版ではグラマラスニンジャスレイヤーおよびニンジャスレイヤーキルズで連載
オーディオドラマCDにおいてもこのエピソードが収録されている
それぞれが冒頭にマルノウチ・スゴイタカイビルにおいて
主人公フジキド・ケンジとその家族の妻フユコ、息子トチノキとの外食団欒の最中
闇の組織「ソウカイ・シンジケート」と他のニンジャ組織との抗争に巻き込まれ
妻子を失うという回想があるわけですが

dfjfdhfd.png

アニメ版は唐突に敵ニンジャ オフェンダーがフジキドを発見するというシーンからはじまるわけです
しかもこの一昔のFLASHアニメめいたクソアニメで。
初見の人にはナニがなにやら分からないのも道理

で、ここで原作小説の方を見てみましょう
前述の通り書籍のみの連載エピソードなので詳細は記載できませんが
家族で団欒からの修羅場インシデントなど、そんな回想もへったくれもないのです(そもそも別のエピソードです)
フジキドが倒れている周辺の描写からはじまり、オフェンダーの絡みという流れなわけ

いわば漫画版やドラマCDは、話の流れをわかりやすくし、そこそこのボリュームをもたせたリメイクということです
原作再現率でいえば、最後まで見てもキッチリ再現されていることが
原作小説既読者であればよくわかることでしょう

◆手抜き感満載の作画とゴア描写◆
戦闘シーン以外は一枚絵の背景に切り抜いた絵を動かしただけの作画
有名(らしい)アニメ会社を使ったのに?あれだけ宣伝してこれでよくゴーサイン出したな?とか
ぶっちゃけギャグにしか見えないものの、その辺を考察してみましょう

1.そもそもニンジャスレイヤーってどういう作品なのか
人間を超越した超人(ニンジャ)に妻子を殺された主人公がその憎悪から
ニンジャを殺すという目的をもった太古のニンジャの魂とエンカウント、受け入れることでニンジャとなり
妻子殺害の復讐を果たしていくというのが大筋のお話です
サイバーパンク成分とあからさまに間違った外国の日本観(ニンジャ観)があわさったのがこの作品

2.原作のゴア描写
首をはねるなど日常茶飯事 四肢を破壊していった上で股間を破壊してじわじわとなぶり殺しにしたり
体を真っ二つにしたり、顔面を手で圧迫粉砕したり、レーザー銃で上半身が蒸発したり
心臓を取り出して握りつぶしたり、手裏剣や指で眼球を破壊したり
モータルコンバットのフェイタリティのような殺害方法が多くある

◆以上を踏まえて◆
今では有名な進撃の巨人や、よく聞く深夜アニメ 魔法少女まどか☆マギカでの3話(だったかな?)
それらの描写でさえ、一般人はグロいとか、トラウマになったとかいう声が多いのに
原作をフルアニメーションで再現した場合、それ以上の修羅場になる
例えば、普通の人にモータルコンバットのフェイタリティ集を見せるとどうだろう
大体は最初の方で視聴をやめてドン引かれる(見慣れればあれはあれでギャグにしか見えないけど)

今回のアニメはしょっぱなでギャグと思わせることでそういう描写が入っても割と抵抗なく楽しめる
シリアスな話が多いのにギャグ扱いというのも評価の分かれ目の一つではあるものの...
規制や修正が入ってもいいからシリアスな作画のフルアニメーションの戦闘を望むところもあるが
初見でも楽しめるのがコンセプトとなると、なるべく嫌悪感のしない描写というのは必要であると思う
その割には初見をすごい勢いでふるいにかけてるけどな

◆統括◆
期待とは違った というのが率直な感想
しかし、何と期待して違った?と、よく考えてみると
そもそもの前提が原作小説版ではなく、割とガチな作画と構成で描かれた漫画版(特に余湖版 いわゆる無印)
であるため、期待とは違った ということになる
無印の延長版として考えるから、渋い作画のシリアスな雰囲気でフルアニメーションを期待してしまう

しかしその前提は、そもそもの2個目のPVで否定している
(それとは違った新しい路線でいくという意思表示はしている)

フタを開けてみればこの紙芝居

派生物の改良ではなく、原作の派生
つまり一つの新しいニンジャスレイヤーの形として捉えれば、そこまで悪くもない
連載当時に異色と思っていたBL版ニンジャスレイヤー(グラマラスキラーズ)も、きちんと原作に沿っているので
BLに興味のない自分でもむしろ読みやすく、かつ面白い
このアニメも原作にはきちんと沿った上で話の展開をしているので
一般・子供向けにわかりやすく表現されたニンジャスレイヤーと思えば、気にはならなくなってきた
というか、原作小説初めて読んだ時も「なんだこれ?」ではじまったし
今後の展開に期待というところ
まぁ、原作小説のほうは3部まで読んだけど...

しかし期待を裏切られたのは事実なので、
「あれクソアニメじゃねえかwww」と言われても賛同はできる
同調して笑い飛ばせることもできるけど

ちなみにtwitterほんやくチームの与太話がはいった忍殺TVショウは「なんだこれ?」という
ニンジャリアリティーショックが発症しほとんど耳に入っていなかったもよう
スポンサーサイト

category: 雑記

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://imprlist.blog68.fc2.com/tb.php/850-b26abe35
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まごの手

中の人

弓一覧

剛種弓一覧

進化弓一覧

G級弓カタログ

SP弓一覧

特典/イベント弓一覧

Link

カテゴリ

最新コメント

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。